トップ  >  産学協同IT訓練  >  MISA 産学協同IT訓練、実施中!(1)

MISA 産学協同IT訓練、実施中!(1)

10/18(土)より、産学協同IT訓練が行われています。 大学生向けのプログラムで、オープンソースソフトウェアの技術を利用したシステムの開発行程を実務に近い形で 学ぶことができる実習講座です。仙台の大学・高専の情報系学部で学んでいる学生さんたちが受講中しています。
TDCではこの講座をMISA(宮城県情報サービス産業協会)と共催し、3クラスあるうちの1クラスを担当しています。
その模様をちょっと覗いてみました。

Dクラス【Ruby on Railsコース】

会場は、仙台駅東口から徒歩12分のNAViS。土曜または日曜の日中に行われています。TDCが担当するDクラスは【Ruby on Railsコース】、Webアプリケーションの設計・開発の仕方を学びます。

なおDクラスは東北大学ASISTと共催です。東北大学ASISTのカリキュラムの一部、産学連携専門教育に含まれます。アジアから東北大学に学びに来た留学生の方々が、多く参加しています。

こちらがDクラスの会場。11名の学生さんが2グループに分かれ、グループごとに役割を決めて課題に取り組んでいます。


ガラス張りの明るい研修室です

午前:詳細設計レビュー

実習を通じて作成するのは「おもちゃ屋さんのオンラインショッピングサイト」。 この日は実習の3日目。午前中は詳細設計とDB設計の内容をレビューします。

まずはグループごとに打ち合わせ。


「できた?う?ん…」「質問です!こういう場合はどうしたら…?」

「これでいいかな?」

グループごとの発表が始まりました。プロジェクトマネージャさんが中心となって、それぞれの設計の担当者が作成したドキュメントを見ながら、発表します。皆さん初めての体験でいろいろ苦労されたようですが、とても熱心に取り組んでいました。


留学生の皆さんの日本語は完璧です!

「この設計で大丈夫?」講師からチェックが入ります

午後:RubyおよびRuby on Rails講義

午後は、プログラミングに関する講義です。開発に使用する言語RubyとフレームワークRuby on Railsについて、サンプルを動かしつつ、実習が進みます。


とても真剣です

「ではやってみましょう…できてますね」

産学連携IT訓練は12/21(土)まで行われ、来年一月には成果発表会が行われます。
今度お邪魔するときはどこまでシステムができているでしょうか? 受講生のみなさん、がんばってくださいね!

(リポーター:宗形

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:37 平均点:9.73
カテゴリートップ
産学協同IT訓練