トップ  >  勉強会レポート  >  第2回 Seasar勉強会 in Sendai

第2回 Seasar勉強会 in Sendai

2008年11月2日(日)14:00?、宮城県仙台市にて、第2回Seasar勉強会が開催されました。また勉強会の後はちまたで話題の「ひがやすを飲み会 in Sendai」ということで懇親会が行われました。その模様をお伝えいたします。

前回、つまり第1回のSeasar勉強会は運悪く宮城・岩手内陸地震が発生。新幹線など交通機関が動かず、セッションも短縮。残念な思いをされた方も多かったのではないでしょうか。それでもたくさんの方々に集まっていただきました。

今回は、天災も起きず、天気も良く、第1回に参加を断念したSeasarプロジェクトのひがやすをさん、アイソリューションズさんも無事到着。
三連休の中日にかかわらず参加者は36名。会場は熱気に包まれていました。


会場は前回に引き続き、仙台市青葉区のサイバーコムさん。ご協力ありがとうございました。

セッション

今回は、ひがさんからのSeasarプロダクトの紹介と、地元東北の技術者からのプレゼンが中心となりました。

1. S2JDBC

Seasarプロジェクト ひがやすをさん

最初は、ひがやすをさんのセッションです。Seasar開発者の方から仙台で直々にお話を聞くことができる貴重な機会とあって、皆さん熱心に聞いていました。 ORマッパー、S2JDBCについて、開発された背景、主な機能など、デモ中心に詳しく見せていただきました。


2. S2AOPについて

サイエンティア 齋藤さん

サイエンティアさんのS2AOPのセッションです。サイエンティアさんの人材情報管理システムProgress@Siteでの事例を紹介していただきました。AOPとは何かという説明から、S2AOPの設定方法、使い方、はまった点など、これからS2AOPを使ってみたいという人向けに詳しい説明がありました。


3. S2Flex、Teeda事例紹介

アイソリューションズ 大友さん、佐藤さん、吉田さん

アイソリューションズさんのセッションです。
社長の大友さんの会社紹介の後、2つの事例を紹介していただきました。 吉田さんからは、Seasar2とS2Flex2、EJB3を使用した製品サポートサイト構築の事例、佐藤さんからはTeedaとDBFluteによる個人向けカーボンオフセット提供システム構築の事例の紹介がありました。それぞれの開発の体験を元に、良かった点、困難だった点などをお話いただきました。


4. Cubbyについて

野呂さん

野呂さんのセッションは、Cubbyについて。まだ認知度は低いですが、「REST っぽい URI」が魅力の新しいWebアプリケーションフレームワークです。簡単なデモ、使ってみた感想などをお話いただきました。


5. SAStrutsとHOT Deployのデモ、Slim3について

Seasarプロジェクト ひがやすをさん

再び、ひがさんのセッションです。「何でも皆さんの聞きたいことを話しますよ。プライベートのことでも…」ということでしたが、最初に会場アンケートを取り、SAStrutsでのHot Deployデモ、その後にSlim3のお話をしていただきました。


懇親会

勉強会の後は、会場を移動して、懇親会です。ひがさんの乾杯でスタート。

最初はぎこちなかった参加者も、アルコールが進むにつれ積極的になり、あちこちに移動したり名刺交換したり話したり、と、なごやかな光景がみられました。

宴会では11/22に行われる1000speakersの宣伝も行われました。

最後もひがさんの一本締めで終了。皆さん、お疲れさまでした!


Seasar勉強会は、今後も継続して開催します。皆様からお寄せいただいたアンケートの結果を活用させていただくのはもちろん、他にご意見、ご要望が寄せられましたら検討していきたいと思います。

TDC運営委員まで、またはTDCのMLで、ご意見お寄せください。お待ちしております!

(リポーター:宗形)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:48 平均点:9.58
カテゴリートップ
勉強会レポート
次
第1回 組込み勉強会