東北デベロッパー探訪記 第2回 庄司豪さん

TDCのデベロッパーを紹介するWeb連載企画、第二回目のインタビューはトライポッドワークス株式会社(宮城県仙台市青葉区)の庄司豪さんにお願いしました。

第一回居酒屋プレゼン大会に出席された方は、ご存知でしょう。司会進行を担当し、最後にプレゼンを急遽作成し発表されたあの方です。プレゼンの中で「組込み勉強会やります!」と宣言されていましたよね。

組込みの勉強会、企業や大学等の団体ではなく技術者コミュニティ主体で行うというのは、実はあまり行われていない試みではないでしょうか。庄司さんはなぜ組込み勉強会を行おうと思ったのか、普段のお仕事やこれまでの経歴などを織り交ぜつつ、お話を伺いました。 (2008年9月8日取材)

庄司 豪(しょうじ たけし)さん 宮城県仙台市出身。トライポッドワークス株式会社技術本部スタッフエンジニアグループ基盤ソフトウェアエンジニア。ゲーム会社など複数の会社に勤務した後、トライポッドワークスの会社設立時からのメンバーとなる。現在は主に教育用ボード TriBOARD EVA9を担当。東北デベロッパーズコミュニティ運営委員。
趣味はゲーム。

これが今やっている仕事です

では、実物を見ながら。 これは、携帯電話とか、実製品になる前にテストするためのボードです。この状態で、タッチパネル、テンキー、カメラなど、ほぼ実製品レベルのものを積んでいます。ハード的な問題を検証したり、アプリケーションを開発したり。

今はこれにLinuxやWindowsCEを、カスタマイズして乗せたりしています。 外部にモニタやキーボードを接続して開発して、タッチパネルやボタンの操作をすると、なにかアプリケーションが起動して…という。 スペックは400MHz、メモリが128MB。現在流通している普通のパソコンに比べるとかなり低いです。遅いし、メモリもないという制約の中で、いかに動く物を作るかっていうのがポイントですね。

僕の仕事は調整が多いです。LinuxとかWindowsCEとか既に動作するものがあっても、ちょっと動きがおかしいんですよ。例えばカメラの性能がフルに出なかったり、キーパッドを押した時レスポンス悪かったり。それを最適化していく。ドライバを書き直して改良したり、バグをみつけて、開発元にお願いしたり。

はじまりは「ゲーマー」

僕がコンピュータを触り始めたのは、ゲームを作りたかったから。 雑誌の付録のBASICのプログラムを中身がわからないまま打ち込んでいました。 プログラム言語を覚えて作り始めたのは高校生の頃です。 けっこう投資しました。コンパイラとか、開発用の機材とか。 コンパイラが20万。アマチュア向け開発環境、15万するのを買った時は、親にお金借りて。 それでゲームソフト作って。各地に高校生だけでゲームをつくるグループを作りました。

それでなんだかんだやってたら、いつのまにかゲームをつくる仕事をしてたという感じでした。ゲーム会社に、自分で作った作品を持ち込んで、見せて。その頃はがんばってましたね。当時のゲーム業界は上り調子だったんです。

今でもゲームやってます。仕事終わって、家帰って、寝るまで。昔ほどゲームに時間を割けなくなってきたので、クリアするまで時間かかってしまうようになりました。体二つ欲しい!

ゲーム会社にいた頃は、神戸に住んで大阪の会社に通っていたんです。でも、仙台に戻ってきたいと思って、こちらの仕事を探して、次に組込み系の会社に勤務しました。 その次が競輪の会社。場外車券場を作るための認可申請などの仕事でした。ですから、ずっとコンピュータ業界にいたというわけではないんです。

トライポッドワークスに入社、組込みに携わるまで

トライポッドワークスには、前職の関係者の紹介で入社しました。実は僕、創業メンバーなんです。社員一号。

入社してから1年程、東京のMiracle Linuxに出向して、Linuxのカーネルなどサーバ系の技術をいろいろ勉強しました。 そして主力製品、GIGAPODの開発も一部担当していました。

トライポッドワークスで組込みの事業が立ち上がったのは最近なんです。 国の研究開発事業として「組込み用のデータベースの開発」というのを行うことになったから。 SQLって基本的にデータベースを扱う言語じゃないですか。それを、組込みの デバイスで使えるようにしましょう、という。例えば、SELECT文発行したらファイルの中身が見れるとか、UPDATE文でカメラの動作モードを切り替えたりとか。機器をコントロールするためにSQLを使うというものです。

C言語やアセンブラがわからなくても、SQLでデバイスコントロールできるようになれば、大分敷居が下がりますよね。もちろん、まだいろいろ問題はありますが、開発中です。


プリンタ用画面
カテゴリートップ
第2回 庄司豪さん(トライポッドワークス株式会社)