東北OSS利活用検討会活動報告会及びIPA OSSセミナー

投稿日時 2009/11/2 4:50:24 | トピック: コミュニティー

───────────────────────────────────
  ◆◇ 東北OSS利活用検討会活動報告会及びIPA OSSセミナー ◆◇
───────────────────────────────────

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東北OSS利活用検討会活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
東北OSS利活用検討会では、昨年度も宮城県高度情報化推進協議会からの支援
を受けてOSSの普及促進や調査活動を行ってまいりました。

東北最大のOSSイベントとなりましたオープンソースカンファレンス2009Sendai
ではたくさんの皆様のご協力ご参加を頂き大成功を収めることができました。

そこで、オープンソースカンファレンス2009Sendai成功の御礼も兼ね、イベント
の報告会、及び当会の調査研究の活動報告をさせていただくこととなりました。

基調講演は当会会長でもある東北学院大学志子田有光准教授です。先生は昨年度
1年間に渡りOSSへの取り組みが熱心なオレゴンへ滞在され、在外研究に勤しまれ
ました。Googleデータセンターへの見学も行われたということで、色々なお話が
聞けるかもしれません。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IPA OSSセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
IPAのオープンソフトウェアセンターは、国家戦略としてのOSS活用及び普及
促進を担っており、近年ますます重要性が高まり注目されています。

今回はIPA オープンソフトウエアセンター センター長 田代秀一様を迎え、OSS
とクラウドについてのご講演を頂きます。

昨年来から急速に各所で取り上げられバズワード化しているといわれるクラウド
ですが、コンピューティング、ネットワークの仮想化、抽象化の流れは避けられ
ません。今回は田代センター長から国の政策としてのOSS、クラウドへの取り組
みをご紹介いただきます。


--------------------------------------------------------------------
 □□東北OSS利活用検討会活動報告会及びIPA OSSセミナー開催概要□□
---------------------------------------------------------------------

◆日時:
 2009年11月13日(金) 14:30?16:50
◆会場:
 東北学院大学土樋キャンパス 8号館 押川記念ホール
  地下鉄五橋駅徒歩5分 仙台市青葉区土樋一丁目3-1
◆主催:
 東北OSS利活用検討会、東北学院大学産学連携推進センター
◆内容:
 ○基調講演 14:35-15:00
  東北OSS利活用検討会代表 兼 東北学院大学産学連携推進センター所員
  志子田 有光 准教授
  及び 東北OSS利活用検討会 メンバー(未定)
  「東北OSS利活用検討会の活動報告」
 ○講演 15:00-16:30
  IPA オープンソフトウエアセンター センター長 田代 秀一 氏
  「IPA オープンソフトウエアセンターのクラウドへの取り組み」
◆入場:無料

◆参加お申込みURL
http://tohokuway.com/modules/eguide/event.php?eid=1

 メール、FAX、お電話でのお申し込みも受け付けます。
 E-Mail oss-seminar@navis.co.jp

◆懇親会
 今回の懇親会は勝手ながら特に場所等決めておりません。
 やらないつもりではないですが、当日の流れでなんとなくお誘い合せの上
 ご参加ください。


先日IPAから「2009年度日本OSS貢献者賞、日本OSS奨励賞」の受賞者が発表さ
れました。今年度は担当の齋藤教諭が当会のメンバーでもある山形県立寒河江
工業高等学校・情報技術科さんが日本OSS奨励賞を受賞されました。

10月29日に東京明治記念館でIPA Forum 2009が行われ、その中で授賞式も行わ
れるということです。


◆お申し込み・お問い合わせ先
 NAViS (株)仙台ソフトウェアセンター
 東北OSS利活用検討会事務局
 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡5-12-55
 TEL:022-298-3700  FAX:022-298-3701
 E-mail oss-seminar@navis.co.jp


東北デベロッパーズコミュニティ(TDC)にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tohoku-dev.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tohoku-dev.jp/modules/news/article.php?storyid=33