« 1 (2) 3 4 5 ... 60 »
投稿日時: 2016/11/25 20:07:13 (743 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュニティー

今、クラウドサービスを中心にServerlessやNoOpsといったキーワードが注目されています。
Serverless、NoOpsとは管理すべきサーバーを持たない、管理されたサービスを利用することでより自身のサービスに注力できるようになる仕組みを表す言葉です。
これまでのIaaSを中心としたクラウドでは、主にハードウェアの調達面で柔軟性を得ることができました。しかし一方で環境構築や監視、運用はこれまで通りに行う必要がありました。
Serverless、NoOps技術を活用すればそれらのコストを削減しながらより柔軟で高耐久なシステムをつくる事が可能になります。
GCP, Azure, AWSの垣根を超えて、この新しいしくみのメリットやデメリットを理解、共有して、活用につなげることが、この勉強会の目的です。
アジェンダ
セッション1 マネージド・サービスの歴史を振り返り
スピーカー: 河野 康隆 (GCPUG仙台 株式会社セカイネット)

元祖マネージド環境であるGoogle App Engineから、GCP NEXT 2016で紹介された最新の機械学習分野まで、GCPが提供するマネージド・サービスを時系列で振り返り、クラウドがこの先どのように進むのか考えていきましょう。

セッション2 Azure Functions でサーバーレス アーキテクチャ!
スピーカー: 山本 誠樹(JAZUG)

最近はやりのサーバーレス アーキテクチャ。もちろんAzureにもあります。GAしたてホヤホヤの Azure Functions について、デモを交えながら楽しく紹介いたします。

セッション3 ServerlessのおさらいとIronFunctionsについて
スピーカー: 石澤 直人 (JAWS-UG青森 株式会社ヘプタゴン)

Serverlessとはなんだったのか? AWS Lambdaを例にしながら確認していければと思います。 また、Faasを自前で動かすことができるOSS、IronFunctionsについての紹介も行います。

告知タイム 10分
(希望者のみ)ビアバッシュ
イベント自体は無料です。
イベント後に懇親会としてビアバッシュを行います。参加費は500円で参加は任意です。
参加費は現地でお受けいたします。

イベントの詳細と参加申し込みはこちら


投稿日時: 2016/11/12 16:11:34 (663 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/11/26(土) に TDDBC Sendai 6th を開催します。

【はじめに】
TDD Boot Camp(TDDBC) とは、テスト駆動開発(Test Driven Development)について、座学だけでなく、実習形式で手を動かして体得することを目的とするイベントです。

【TDDBC Sendai 6th のテーマは】

リベンジです。

TDDに帰ってくるもよし、
忘れてしまった言語でTDDに挑戦するもよし、
新しいテスティングフレームワークに挑戦するもよし。

いつもとは違ったコーディングを楽しんでください。

【TDDBC Sendai 6th も初心者に優しく開催します】
「プログラムを修正し、コミットしたら別のところでバグが出た!!」なんてことありませんか?または、ロジックの一部を変更したんだけど、他に影響がないか不安だ。

TDDは、最初にクラスがどのように振る舞うべきかを考え、その動作を確認するテストコードを書くことから始まります。

だから、プログラムを修正し、コミットする前にこれまで動作していたはずのテストをもう一度実行することで早いフィールドバックを得ることができ、無駄なケアレスミスや、他のプログラムへの影響を減らすことができるのです。

【TDDBとは】
TDD【Test Driven Development】(テスト駆動開発)
プログラム開発手法の一種で、プログラムに必要な各機能について、最初にテストを書き(これをテストファーストと言う)、そのテストが動作する必要最低限な実装をとりあえず行った後、コードを洗練させる、という短い工程を繰り返すスタイルである。多くのアジャイルソフトウェア開発手法、例えばエクストリーム・プログラミングにおいて強く推奨されている。近年はビヘイビア駆動開発へと発展を遂げている。
〜wikipediaより〜

【TDDBC 仙台 これまでの活動】
2011年のデブサミ2011東北にて開催されてから、毎年仙台で開催され今年で6回目となります。

開催された内容についてはこちらをご覧ください。

2011年 → http://codezine.jp/article/detail/6055
2012年 → http://d.hatena.ne.jp/masanobuimai/20120814/1344947479
2013年 → http://d.hatena.ne.jp/i-takehiro/20131016/1381932808
2014年 → http://togetter.com/li/730525
2015年 → http://blog.nnasaki.com/entry/2015/11/30/211755

【6th の key note】
今年も TDD の伝道師、和田卓人さん (@t_wada) をお招きし、講演、指導を頂きます。
和田さんとTDDについてもっと知りたい方は[動画で解説]和田卓人のテスト駆動開発講座をご覧ください。

【申し込みあたってのご注意】
応募者多数の場合は先着順となりますのでご了承ください。

キャンセルにより枠に空きが発生した場合は、応募順に従い繰り上げとなります

また、パソコンの貸出は行いませんので、ノートPCをご持参ください。
ノートPCには、ご使用になるプログラミング言語の実行環境、及びテスティングフレームワークを事前にインストールしてください。

環境を準備する方法が分からない場合は、事前にサポート致しますので、お申込みの際にその旨をお記入ください。

【スケジュール(仮)】
9:30~ 受付
10:00~10:10 はじめに
10:10~11:40 基調講演 和田卓人さん
11:45〜12:30 チーム分け&昼食
12:30〜13:30 TDD&ペアプログラミング 実習 (1回目)
13:00〜13:45 休憩&やってみての質疑応答&困ったこと
13:45〜14:45 TDD&ペアプログラミング 実習 (2回目)
14:45〜15:30 コードレビュー&休憩(1回目)
15:30〜16:30 TDD&ペアプログラミング 実習 (3回目)
16:30〜17:15 コードレビュー&休憩(2回目)
17:15〜18:00 質問コーナー& 振り返り
18:00〜18:30 クロージング(記念撮影など)
19:00〜21:00 懇親会(片付け込み)

【お知らせ】
1.昼食について
昼食は主催側で用意いたします。

2.参加費の用途について
参加費は当日の昼食代および、備品等の準備金として使用します。

3.グリーンバンドの販売について
希望される方にグリーンバンドを販売致します。(500円)
新しい知識を得た記念にぜひご購入ください。

4.会場の様子や撮影について
当日の様子を写真撮影してブログなどで公開する予定ですので、予めご了承ください。

5.サポート言語
Java
C#
Groovy
VB.NET
Swift
Go
Ruby
(参加するTAによる今後サポート言語が増える可能性があります)

【懇親会について】
・懇親会は終了後、会場でビアバッシュ形式で行います。
・懇親会費は、会費と別途で一般枠: 2,000円、学生枠: 1,500円です。
・事前アンケートで懇親会に"参加する"をチェックの上、会場でお支払いください。

【会場の撮影について】
・活動の記録として実施風景を撮影させて頂きます。予めご了承ください。 なお、写さないで欲しいという場合は、当日受付で言って頂ければ対応致します。

【お申し込み】
お申し込みは connpass からお願いします。

http://tddbc.connpass.com/event/43505/


投稿日時: 2016/10/13 18:41:12 (855 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、日本オラクル 中嶋です。

次回Meetupを11月16日に開催します! テーマは前回同様機械学習ですが、今回はRではなく、データベースクラウドの機能をつかった「バスケット分析」をおこないます。是非ご参加検討ください!

【勉強会概要】
今回のテーマは機械学習、その中でも「バスケット分析」と言われている分析を全員で実装します。事前知識?必要ありません。一からやります。

オンラインショッピングサイトでユーザーが買い物をするとき、過去の購買履歴からユーザーが他にも合わて購入しそうな商品を機械学習によって予測する仕組みを構築してみたいと思います。ECサイトで商品をカートにいれたら「こちらも一緒にいかがですか?」とか、「他のユーザーはこんな商品もチェックしてます」とかでてくるアレです。アレの仕組みをOracle Database Cloudを使って構築します。(Oracle Database Cloudには機械学習エンジンが組み込まれています)

勉強会に参加される方の人数分、Database Cloudの環境を用意しておきます。
みなさん専有のDatabase Cloud環境で機械学習をブン回しましょう。

全員参加のハンズオン形式でおこないますので、ノートPCをお持ちください!

【アジェンダ】
19:00 - 21:00 機械学習でお客様が他にも買いそうな商品を予測しようじゃないか。 by 日本オラクル 中嶋

仕組みのデモ
みんなでやってみましょう。

21:00 - 懇親会(任意)

ご都合のつく方は近くで一杯やりましょう!
事前準備と持ち物

【持ち物】
 ノートPCをお持ちください。(Wifiは会場で提供されますが、ご自身のモバイル・ルーター等でネットに接続していただいてもOKです)
そのノートPCにあらかじめSQL Developerのバージョン4.1.5をインストールしておいてください。SQL Developerはこちらからダウンロードできます。*古いバージョンだと今回のクラウド環境では正常に稼働しませんのでご注意を。
当日は上記ノートPCからインターネット上のTCP1521番ポートにアクセスします。この接続がブロックされているとデータベース・クラウドに接続するのが難しくなりますのでご留意を。

【開催場所・日時】
2016-11-16(水)19:00 - 21:00

日本オラクル株式会社 東北支社
宮城県仙台市青葉区本町1-1-1 アジュール仙台 18F

お申し込みはこちらからどうぞ。


投稿日時: 2016/10/12 23:33:41 (604 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【勉強会概要】
SEが知っておくべき会社のお金の話です。会社のお金を知れば、あなたの働き方も、評価も変わるかもしれません。
独立を考えている方も、必聴です。
以外と無頓着になりがちな、お金の話なので、是非この機会に考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

【次第】

19:00 - 21:00 SEが知っておくべき会社のお金の話
ソニー生命 内海 仁一さん

内海さんの略歴です。
・OKIソフトウェアに20年勤務。
・プログラマ、SE、営業を経験。
・中小企業から上場企業まで多くの業務システム開発に従事。
・ソニー生命に転職後、ファイナンシャルプランナーを取得、個人、企業のリスク管理、ファイナンス管理に従事。

【対象としている方】

 ・頑張っているのに、評価されていないと感じる方。
 ・いつか独立したいと思っている方。
 ・なぜ給料が上がらないのか、疑問に思っている方。

【開催日時・場所】

日 時: 2016年10月26日(水) 19:00~21:00(開場 18:30)
会 場: ソシラボ 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目2-8 IKIビル10F
022-797-2551

【参加費】
会場費:1000円

お申込みはこちらからどうぞ


投稿日時: 2016/10/11 22:50:00 (1252 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加



Java Meeting Sendai 2016 のお知らせです。

Java Meeting Sendai 2016は、東北地域のJavaに興味のあるエンジニア、学生の方へ Java の最新情報について、エバンジェリストから、お話をしていただく会となっております。
Java、JavaEEを使って仕事をされている方にとっては、これからの動向について、直接話を聞けるめったに無いチャンスです。
提供させていただく情報によって、参加者皆様のスキル向上、生産性向上にお役にたてればと考えております。

今年のテーマは、「 Java と クラウド 」です。各ベンダーの皆さんが、自社の クラウドの特色、Java の対応等について語っていただきます。参加者の皆さまが、クラウドを選択する時の参考になれば幸いです。
また、Javaを使った高速開発ツールを紹介をします。「高速開発とは何か?」気になる方は是非ご参加下さい。

【開催概要】
日時:2016年11月25日(金) 13:00~16:40
場所:東北電子計算機専門学校【視聴覚ホール】
人数:50名
参加費:無料

ハッシュタグは、 #javaSendai です。SNSでの拡散等よろしくお願いいたします。

お申込みは、こちらからどうぞ。


« 1 (2) 3 4 5 ... 60 »