東北デベロッパーズコミュニティ(TDC) 東北デベロッパーズコミュニティ(TDC)


L O G I N
ユーザー名:
パスワード:



TDC : ソフトウェアテスト勉強会?やってみよう!デシジョンテーブル&状態遷移?
投稿日時: 2012/11/5 11:04:09 (2515 ヒット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソフトウェアテスト勉強会?やってみよう!デシジョンテーブル&状態遷移?」のご案内

【勉強会概要】
今回はソフトウェアテスト勉強会?やってみよう!デシジョンテーブル&状態遷移?になります。
参考にするのは、JSTQB Foundationシラバス(※1)の第4章になります。

デシジョンテーブルテストはテスト技法の一つに分類されていますが、テストだけではなく、ソフトウェアの仕様作成?設計に関しても使うことができます。
日本語で仕様を記述するとどうしても曖昧になりがちな入力と出力の結果をデシジョンテーブルにすることで、「モレ」、「抜け」をはっきりさせることができます。

状態遷移テストもデシジョンテーブルテストと同様にソフトウェアの仕様作成?設計に関して使うことができます。UMLを使っている人であれば、ステートマシン図はお馴染みではないでしょうか?
今回は状態遷移図、状態遷移表を使いながら、あの「スーパーマ○オブラザーズ」の状態遷移を攻略していきます。


※1 JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board):日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織。
JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資格は海外でも有効な資格となっています。
詳細は以下のサイトを確認してください。
http://jstqb.jp/index.html

今回も演習を中心に実際に手を動かして考えて、
グループで知識や考えたことをシェアしていこうと思います。
前回までの知識は必須ではありません。
初めての参加者でも、テスト初心者の方でもわかりやすいように説明していきます。
ちなみに前回は開発とテストの関係を考えてみました。
前回の勉強会の様子はこちら。
<http://ameblo.jp/sendai-test/entry-11385827004.html>


【準備】
・JSTQBのFLシラバスの第4章(特にデシジョンテーブルテスト、状態遷移テスト)を事前に読んできてください。
 分からないことや疑問があれば、ノートにまとめておくか
 付箋など貼っておくといいと思います。
・奇跡的にスーパーマ○オを持っている方はやってみてください。 ※知らないと辛いです

【次第】
 19:00?19:15 前説
 19:15?20:00 デシジョンテーブルテストをやってみる
        グループディスカッション
 20:00?20:45 状態遷移テストをやってみる
        グループディスカッション
 20:45?21:00 振り返り


【対象としている方】
 ・バグが多くて困っている方
 ・テスト・品質の基礎知識を身に着けたい方
 ・JSTQBを取りたい方
 ・テストが3度の飯より好きな方
 ・色々学びたい方
 ・情報交換をしたい方


【開催日時・場所】
日 時: 2012年 11月16日(金) 19:00?21:00(開場 18:30)
会 場: 日本オラクル東北支社 セミナールーム
     仙台市青葉区本町1-1-1 アジュール仙台 18F
     http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/branch-tohoku-map-079284-ja.html


【参加費】
勉強会: 300円(お菓子代)

お菓子を食べつつ、手を動かして勉強していきましょう。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※JSTQB 第3章の静的技法(レビュー)に関しては、
 テスト技法の勉強会後に実施する予定です。

※12月15日(土)にゲストを招いてテスト技法の勉強会を予定しています。
詳しく決まりましたら、またこのサイトで告知します。

お申し込みはこちらからどうぞ