DDD勉強会 : 第9回読書会



masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 21:04
次回は、P287 攻める角度からやります。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 21:03
本日は、P287まで!!!

お疲れ様でした。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 21:00
・閉じた操作
  ?P240がリファクタ前、P279がリファクタ後
  ?P239がリファクタ前、P281がリファクタ後

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:54
・ドメイン特化言語
・設計の宣言的スタイル
  影響の有無を明確にする。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:51
  ・モデルがフレームワークの制約にとらわれる。
  ・ルールベースドプログラムは有効なアプローチ
  ・システムを使うの難しいか、過剰に制限があると、宣言的アプローチは破たんする。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:42
・定型的な設計ー1

  定型コードは、モデルの意味を分かりにくくする。

  概念の相互作業と言う結果を生み出す。
   >コレクションと判断条件が与えられれば、処理できる。
    それ以外の情報をいかにカプセル化できるか。
    本当にやりたいことと、どうやってやるかをインターフェイスで分担できる。

    マクドナルドで、ハンバーガーを頼むと、店員さんが、作って出してくれる。
    当然、客は作り方を知らなくても良い。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:38
・閉じた操作

 インターフェイスを作りすぎると、大量の不要な依存関係がインターフェイスに導入されてしまう。

 戻り値が引数と同じ型にできるときは、そうしろ。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:36
・独立したクラス(高橋さん)

  ?わからない部分は聞きます!

 ・依存関係があると、モデルとして設計するのが難しい。
 ・本質的ではない依存を取り除け。

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 20:16
・概念の輪郭
 ?良いまとめサイト
    http://d.hatena.ne.jp/asakichy/20110603/1307054190

masanori.murakami


Re: 第9回読書会
投稿日時: 2012/5/25 19:56
  ・なるべくシンプルな副作用にするとか。
  ・Apacheのcommons collections guada ??? をよく使う。
  ・Scalaとか組んでみたら??